上向きの肌へ|美容外科で受けられる二重整形の口コミを参考にしよう

美容外科で受けられる二重整形の口コミを参考にしよう

婦人

上向きの肌へ

ウーマン

たるみ対策が大切

40代頃から気になりだすほうれい線ですが、原因は顔のたるみにあります。年齢に伴って筋肉が衰えると、重力に負けて頬が下に下がってきてたるみが現れ、口元のほうれい線につながるのです。そこで、ほうれい線をなくすためには、顔のたるみケアをする必要があります。美容皮膚科では、さまざまなほうれい線対策を実施しています。たるまない肌を作るため、レーザー治療によってコラーゲンの再生を促したり、顔の筋肉を動かす特殊な機械を使って筋肉を鍛えさせたりします。美容皮膚科での治療は、原因に基づいてなされるため、セルフケアに比べ効果が出やすいという特徴があります。たるみに直接効果のあるサーマクールというレーザーは、半年に一回程度照射するだけで効果が継続するため、特に人気です。

他の効果も期待できる

ほうれい線対策のレーザー治療は、ほうれい線やたるみ以外にもいろいろな効果を発揮します。たとえば、サーマクールはニキビ跡の治療にも役立ちます。ニキビが原因となって発症する赤みや色素沈着を消すうえで、コラーゲンの再生は重要です。サーマクールはたるみに効果があるため、コラーゲン再生機能が大きく、続けているとニキビ跡まで消してくれるのです。また、ほうれい線対策のつもりで受けていた治療が、毛穴に効果を発揮することも多いです。肌の張りをアップさせる治療は、縦に開いた毛穴にも作用し、気づけば毛穴の開きが気にならなくなったという声も多いのです。これは、縦に開いた毛穴の原因はたるみにあるからです。思わぬ効果をもたらすほうれい線治療は、一石二鳥の治療方法として注目を集めています。